会社の名前を付ける場合には決まりがある!

0120-165-246

コールセンター対応 受付9:00~19:00

無料相談のお問い合わせ無料相談のお問い合わせ

会社の名前を付ける場合には決まりがある!

商号を付けるときに必要なこと

 
pixta_23238775_m
 
会社の設立で必ず求められる名前付けに関しては、必須項目になっています。企業の製品やサービスを認知してもらうだけでなく、名前も知ってもらっておくことがビジネスでは大事となります。そのため、企業の商号を付けることは重要になるのでルールに従って付けていく必要があります。
 
なお、設立するのが株式会社であるときには名前の前か後ろにそれを付けることが要求されます。すなわち、株式会社を前に付ける或いは後ろに持ってきて名前と一緒に付けるということです。前もしくは後ろのいずれかに付ければいいので、どちらにするかに関しては当事者に委ねられる形となります。そして、これ以外にも商号を付けるときのルールがあって守らなければいけません。
 

使用できる文字に関して

会社設立の中でも必須となる名前付けについて、文字に関してもルールは定められていてそれを守る必要があります。名前を表示するときに使用できる文字には決まりがあって、指定されているもののみ利用できます。
 
利用できる文字は、ひらがなと片仮名と漢字とローマ字とアラビア数字そして指定された記号です。この決められた字を用いていき、商号を決めていくことが必要不可欠となります。そのため、会社の名前を付ける場合にはどの文字を使用していくのかを決めることは求められます。
 
この他にも、文字で表現するときには第三者から見たときの観点を導入するのも一つの手段です。すなわち、他人から見てもわかりやすくそして覚えやすいかどうかということになります。
 

まだまだ存在する商号決めのルール

会社を設立してビジネスをしていくときには名前が大事となりますが、他にも商号を付ける場合には決まりが存在します。これから付ける名前が、認知度が高い企業や商標登録されているものと重ならないかを調べる必要があります。また、本店を置く予定の場所に同じ商号が存在するかどうかもリサーチについても必須です。
 
そのため、事前にインターネットを使ったり役場にアクセスしてリサーチを済ませることが重要です。会社の設立をする際には必ず通る名前付けでは、色々なルールがあってそれを守ることが要求されます。ゆえに、会社の設立時における名前付けでは商号を決める際のルールを把握しておくことも重要です。ルールを守って名前を付けて、その後の流れがスムーズにいくようにしていきます。

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ