会社を設立するときに選べる合同会社って?

0120-165-246

コールセンター対応 受付9:00~19:00

無料相談のお問い合わせ無料相談のお問い合わせ

会社を設立するときに選べる合同会社って?

そもそも合同会社ってなんなの?

会社を設立する際に気になる会社のスタイルですが、その中に合同会社というものがあります。
合同会社とは出資者全員が有限責任社員で構成される会社のことです。
 
有限責任社員とは株式会社の株主と同じように、自分が会社にお金を出資して、もしその会社が負債を抱えて倒産したとしても自分の出資した分のお金しか失わず、負債の返済の責任などは持たないということ。負債を個人資産から補填する必要がある無限責任社員と対になります。
 
株式会社と何が違うかというと社員全員が出資者であるということ。合同会社の場合多くの企業は小規模な零細企であることが多く、社員全員の意見が一致すれば株式会社に後から変更することもできるので、設立の初期段階に合同会社として設立される場合もあります。
 

合同会社にするとこんなメリットが!

同会社のメリットは会社の経営を自由に行うことができるということにあります。株式会社などと違って株主総会や決算報告などを行う必要が無いため会社の社員以外から意思を強制されることがありません。また利益分配を出資比率によって決める必要がなく、出資者間で自由に取り決めることができるので自由度が高いのです。
 
また出資者が有限責任社員であることもメリットの1つです万一負債を抱えて倒産しても個人資産まで差し押さえられることはありません。
 
また、合同会社を設立する際には設立費用を安く抑えることができます。合同会社の場合は登録免許税が株式会社の半額以下、定款認証の費用もかからないのでお得なのです。また決算報告を行う必要もないので官報掲載費も不要なので経営コストも安いといえます。
 
pixta_12427600_m
 

どういう場合に合同会社がいいの?

ここまでメリットを挙げてきましたがデメリットもあります。それは知名度が低いことです。どうしても社会では株式会社が優位に見られてしまうことが多いのです。特に中小企業ではそういう傾向が強いですが、最近では有名企業の中にも合同会社に鞍替えする企業も出てきており、今後の見通しは期待できます。
 
とはいえ現状では中小企業を対象とした業種の場合は株式会社の方が安全です。一方で一般の消費者は会社のスタイルはあまり気にしないのでそのような人々を対象としている会社の場合なら合同会社の方が税制上の優遇もあり、経営コストも小さく自由度の高いので設立するにはオススメです。起業する際には様々な困難がありますが、少しでも自分の職種に有利なスタイルを選ぶようにしましょう。

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ