新たに起業をするためには必要となる条件がいくつかあります。

0120-165-246

コールセンター対応 受付9:00~19:00

無料相談のお問い合わせ無料相談のお問い合わせ

新たに起業をするためには必要となる条件がいくつかあります。

会社の顔である会社名を決める。

会社を設立するために必要な最初の条件は自分が立ち上げる会社の名前を決めることです。この時に注意をしなくてはいけない点がいくつかあります。
 
名前を決める際に必ず株式会社、合同会社といった表記をしなくてはいけません。これは名前の前後どちらでも良く、自分で選ぶことができるので会社名との組み合わせで言いやすいと思った方にするのが一般的な決め方です。企業名は基本的にひらがな、漢字、カタカナ、アルファベットを自由に組み合わせてつけることができますが、文字数には制限があるので気をつける必要があります。
 
その他にも注意するポイントは、同一企業名の使用は法律上可能ですが、大手企業の名前を使用すると後々トラブルになる場合もあるため、できるだけオリジナルで覚えやすい名前が好ましいといえます。
 

会社の運営に必要な資本金を用意する。

会社を設立する際に必要となる条件の中に資本金があります。これは会社を経営する上で重要なポイントですが、一般的に資本金の額は1円からでも可能です。しかし、他社から見た際の会社としての信用といった意味でもある程度の金額に設定する必要があります。自分が起業しようとしている業種によっては資本金の最低ラインという条件が有る場合もあるので事前の確認が必要です。
 
また、会社として他社と取引をするといった場合に資本金の額により相手からの信用も変わってくるので、そういった部分も意識して決めることが大切です。その他の注意点は、自分から捻出したお金であっても、資本金として口座に振り込んだ場合は後でお金が必要になった際に引き出すといったことができなくなるので、資本金を決める際は有事の際のお金を残しておくことが望ましいといえます。
 

自分の会社のことを知ってもらうための事業内容をしっかり決める。

会社を設立する際の条件として欠かしてはいけないのが事業内容を決めることです。これは事業目的ともいいますが、自分の立ち上げる企業がどういったことを目的としていて、何をする会社なのかということを書面で表記して外部の人に知らせる必要があります。
 
この事業内容をいい加減に表記してしまうと取引先とのトラブルなどに発展する場合もあるので、誰が見ても自分の会社がどういった起業なのかがわかるようにしておくことが大切です。
 
基本的に事業内容に書かれていること以外の業務を行うのは違反とされていて、新たに別の業務を行い場合はその都度新しく定款の内容を更新する必要があります。株式会社の場合は株主がいるので事業内容についてしっかりと伝達することがトラブルの防止にも繋がります。
 
tsu88_awaitoykyo_tp_v

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ