設立する際に大事な事業計画書!きちんとした書き方とは?

0120-165-246

コールセンター対応 受付9:00~19:00

無料相談のお問い合わせ無料相談のお問い合わせ

設立する際に大事な事業計画書!きちんとした書き方とは?

主要な部分をしっかりさせよう!各項目で表現しなければならない?

会社を設立するにあたって事業計画書を作成する必要がありますが、その中でも特に大切なのが事業プラン名や事業内容、市場環境など様々な項目に沿った書き方で作成しなければなりません。名前はもちろん、業種や規模に関係なく必ず設定しなけらばならず、表現の難しさが事業計画書の作成の難しさに繋がっています。
 
自分が得意とする専門分野以外の様々な知識も必要になるので、最低でも基礎となる知識を学ぶ必要があるでしょう。ここで計画書を書くのに躓いているようではプランが立てられないことに繋がってしまう為、事前に本やセミナーなどで必要な知識を学び、専門家と相談しながら書いていくとクリアしやすくなるかもしれません。説得力のある内容に仕上げることを意識することが大切です。
 

明確な根拠や相手に魅力を感じさせるような内容がポイント!説得力が重要?

事業計画書は会社を設立する為にクリアしなければならないものであり、事業プランの名前などの主要な項目に説得力を持たせる必要性があります。事業計画書がいかに説得力があるかによって許可が下るかどうかが決まります。
 
主要項目は8個あり、どんな事業を誰とやっていくのか、どのような特徴があるのか、誰に知らせてどんな方法で提供していくのかなど綿密な説明が必要です。事業を行うにあたってしっかりと数字を残すことが出来るのかなど、実に細かなところまで要求されることになるでしょう。
 
いかに相手が魅力に感じる内容であるか、そしてその内容で事業を進められる根拠、計画の最初から最後まで手を抜かずにプランが決まっているかどうかなどが書き方のポイントになります。
 

事業計画書はあくまで分かりやすく書くこと!分かりにくい内容はNG!

 business team having meeting in office
 
いかに事業プランの名前などの主要項目に自信があったとしても、相手に内容が分かりにくいと思われてしまえばそこまでです。
 
とにかく専門用語を並べたり前置きが長かったり、参考資料が多かったりとごちゃごちゃした内容に書いてしまっては本末転倒です。会社を設立する際のプランがしっかりと固まっているなら、なおさら簡潔かつ分かりやすい内容に仕上げた方が魅力的になり、伝わりやすくなるでしょう。
 
どんなプランなのか一言で説明すること、相手を説得する為の裏付けデータ、事業計画書の作成目的などを書くことで相手に好印象を与えられるかもしれません。データや作成目的などを盛り込んで相手が納得出来るような計画書を作成した時、その内容が分かりにくくないか一度見直す必要性があるでしょう。

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ